« ちゃぶだいとしろくま | トップページ | 漠然と缶の階について。(ご案内と募集) »

2013年4月 7日 (日)

そんな花のこと

その島には、一年に一度、7日だけ咲く白い花がある。

花がいつ開くのか、ということは島の人々にとってとても重要な関心事で、
誰もが皆、その日をずっと前から楽しみに待っている
1年にたった1度のその時期には木の下に集まって、
おいしいものを食べ、美味しいお酒を飲み、仲間と語り合う。
7日間を花の下ですごすのだ。

予想より早かったり遅かったりしながらある日、白い花は静かに開く。
次から次からあふれてくる圧倒的な白に包まれて、世界は日常からふんわりと切り分けられる。

真っ白な公園や土手や道は他の日とは何もかもが違う。
花が散るまで、そんな日が続く。

けれど。

小さな花は、雨が降るとあっけなく散ってしまう。
その花がいつ散るかと云うことも重要な問題で、人々は寂しさと諦めをもって
その日を迎える。
花が散ると、最初から何もなかったかのように、人々も散っていく。

暦にはないけれど、この島ではいちばん重要な、一年の区切りなのだ。

花が散ると、白い花の木はあっという間に緑の葉に覆われる。
島を覆い尽くした白い花のことは、人々の記憶の中からすっかり消えてしまう。
次の年の同じ季節に白いつぼみが膨らむまで、誰も思い出さない。
幻の中で咲く花なのだ。

そんな花が、あるのだという。

« ちゃぶだいとしろくま | トップページ | 漠然と缶の階について。(ご案内と募集) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちゃぶだいとしろくま | トップページ | 漠然と缶の階について。(ご案内と募集) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

花鳥風月の記録

無料ブログはココログ