« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

2012年12月の1件の記事

2012年12月11日 (火)

ちゃぶだいとしろくま

舞台にちゃぶ台があると、嫌な予感がするな・・と思ってた時期がある。
ちゃぶだいが「暗黙の了解」の象徴のように見えたからだ。

舞台中央にちゃぶだい。
誰かが座っている。テレビを見てたり。
「新聞とって。」とか誰かが誰かに言う。
「おはよう。」誰かが入ってくる。

これだけで、このひとたちが同じ家に住んでいて、
おそらく血縁関係があって、今は朝で、みんなが起きてきて、
ここは居間で、食事が始まろうとしていて、毎日同じような時間を
すごしている・・・というようなことがわかることになっている。
誰も何も説明しなくても。

これがちゃぶ台の力だ。

舞台にちゃぶだいがあるのに、以上のことが分からなかったら、おそらく
このあとに続く諸々の出来事についていくことができない。

これがちゃぶだいの力であることは、このちゃぶ台をたとえばしろくまに替えてみれば
すぐにわかる。

舞台中央にしろくま。
誰かが座っている。
この時点ですでに、すわっているのか、じっとしているのか、しゃがんでいるのか、
隠れているのか、なんらかの説明が必要になる。

しろくまの横にテレビがあることにも説明がいる。
そもそも、それがテレビであることがわかるために何らかの説明がいる。
しろくまの隣にある四角い箱がニュースやドラマを放送していること、
に対するなんらかの説明がいる。

しろくまの居るこの場所はどこなのか、
最初に座っているひとは誰で、「おはよう」と入ってきたひととどんな関係があるのか。

登場人物の間に暗黙の了解があるのは仕方がない。そのひとたちは、舞台が始まる前からそこでそうやって生きてるのだから。

でも、客席と舞台との間に暗黙の了解があることに納得がいかない。
しかもそれは、「ちゃぶだい」的価値観を共有している人だけがもつことのできる了解なのだ。


***********

暗黙の了解、について、たまたま昨日、人と話す機会があって。
ふと思い出したので書いてみました。ちゃぶだいのこと。

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

花鳥風月の記録

無料ブログはココログ