« C.T.T.大阪事務局試演会 vol.11 | トップページ | 顔。 »

2011年10月14日 (金)

「台詞を言いたい。」

「お芝居の、何がしたいの?」と質問したら、「台詞を言いたい。」といった人がいた。役者として舞台に立ちたいという意味だろうか?

でも、「台詞を言いたい」と「舞台に立ちたい。」ではニュアンスがずいぶん違う。そもそも、主語も述語も全然違う。

私は、「舞台に立ちたい」とか「台詞を言いたい」とか考えたことがないので、そういう希望を聞くととても気になる。

台詞を言いたいって、どういう欲求何なんだろう。
演劇というのはやはり、台詞なのか??

台詞って「言う」ものだったんだと改めて思う。

台詞について、なんやかんやと考える日々が続いている。

« C.T.T.大阪事務局試演会 vol.11 | トップページ | 顔。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« C.T.T.大阪事務局試演会 vol.11 | トップページ | 顔。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

花鳥風月の記録

無料ブログはココログ